2017年02月26日

最終金曜

自営業者からみたら、会社員の休みが近年どんどん増えていて、いいよなあ、って思うだろうね、
企業の正社員って3日行ったら1日休みなくらい休めるらしい。私の知人の非上場でも年間休日123日だそうだ。
家族の結婚だ三等親までの忌引きでの有休があり、本人なら何度離婚再婚しても、原則もらえるらしい。

自営業者の娘だったので、何が何でも会社員になろうと思っていた。
が、その会社も零細だったのでそういう休みはあるらしい、と聞いたことはあるけど、結構、休めないし、休まない。

しかーし、給与が変わらないと副業でもやらない限り、結局TVを見てごろごろすることになるし、
自分が生んだ子どもであっても、子どもと遊ぶことがメンドーと思っている親(これはいるでしょ、性格的に、責めることでもない)

人は何かをしてないといられないらしい、何かをしなくちゃいけないなら、会社に行った方がいい、
という人もいるかも。
東京は通勤が大変だらからそうでもないかな。
まだまだ週休二日もない国は多く、日本の自営業だと年中無休(コンビニじゃなくても)なんて珍しくもないじゃない。
posted by タネ at 10:30| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | :(−_− ): | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

挨拶禁止令

新聞の日曜版にあった。
とあるマンションで小さな子供を持つ親から、
「知らない人から声をかけられたら逃げるように教えています、このマンション内は「挨拶禁止」にしてもらえないか」この親の願いが通ったそうだ。

どう思ったか書こうにも、うまくまとまらない。

挨拶が常識の社会ではあるが、子どもを守りたいので、うちはこう指導しているから、
たとえ顔見知りでも挨拶禁止の規則で、挨拶しないでも非常識と非難されずに済む。



挨拶は面倒だけど、挨拶ひとつで得られることも多いような気がするが、違うかなあ。
大事なことは建物内に住む御近所力で犯罪はなくせるという安易なことではなく、
とにかく誰とも付き合わないほうがいいってこと?

いや
違うなあ、たぶん。

殺伐としてるなあ。


岐阜のある地域で駅までの田んぼ道を歩いていたら、
全然知らない地元の人が全員挨拶をしてくれたので、
あー昔はそうだったなあ、と恥ずかしく思い、
その町に行くと、とにかく出会ったら挨拶をしている。

マンションと田舎町では事情が違うのかもしれない。が
挨拶禁止にしろ、  ちょっとわからない自分は現代の犯罪事情に対し、鈍感なのかもだ。

@@@@@@@@@@@@@
このことはネット内にたくさんありました。
私が世間に疎いだけでしたわ。
posted by タネ at 17:59| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | w(゚o゚)w ビックリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

一万回生きた・・・

万死に値するというの一万回死ぬに値するというそのままの例え
大げさだなあ、と思うのは間違い?

久しぶりに騒ぎになっている「天下り」
昭和のころにはほぼ当たり前だった「天下り」
クラスメートの父親は公務員から住宅公社(だったかな) なぜか競馬場、そっから民間の住宅メーカー、と聞くたびに勤務先が変わっており、大人になってからだから転職のたびに家が大きくなっていたのかと理解できた。

天下りは勉強を一杯して官僚(国家公務員一種)になった人へのご褒美だと思っていた。
ひと月2回出勤で1千万

子どもたち、勉強するって得するんだよ、って言ってもいいかなと。
posted by タネ at 09:03| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヽ(`Д´)ノウガー!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする